前書き

犬,糖尿病,歩けない,症状,末期

 

犬の糖尿病の初期症状は、大量の水を飲み、頻繁にオシッコをする、多飲多尿があげられますが、食欲はあるため、気づいてあげられない飼い主さんも多いというのが現状です。体が糖を利用できない状態なので、食欲があるのに痩せていく。。。悪化してきた頃に、はじめて異常に気付き、病院へ行って糖尿病と診断されるケースも多いようです。

 

糖尿病になった犬は、末期になると糖尿病性ケトアシドーシスという、神経症状を伴い、痙攣や歩けないといった目に見えて異常な状態におちいることもあります。初期症状はわかりづらく、悪化してから気づくため、しばらくして歩けなくなった、また、愛犬がうまく歩けないのを見て異常に気付く飼い主さんも少なくはありません。

 

歩けないところまで悪化した糖尿病のワンちゃんであっても、早急に病院へ連れて行き、速効性インスリンの投与、しっかりとした食事療法を行ってあげれば、症状が改善し、元気に寿命を全うできる可能性もあります。

 

犬の糖尿病とは?

 

糖尿病にかかった犬は、通常、膵臓から分泌されるインスリンが、分泌できなくなったり、インスリン自体の効きが悪くなる病気です。インスリンがうまく分泌できない糖尿病を「インスリン依存性糖尿病」、インスリンが効きにくくなる糖尿病を「インスリン非依存型糖尿病」と呼びます。犬に多いとされるのが、「インスリン依存型糖尿病」です。

 

合併症を伴うことが多いのも特徴で、膵炎・クッシング症候群・白内障・感染症・肝障害など、そして、糖尿病性ケトアドーシスという一刻を争う深刻な症状がみられるようになります。ここまでになると一刻も早く獣医師に診てもらい、集中的な治療を施さないと一命をとりとめることも出来なくなります。

 

 

早期発見のために大切な初期症状と注意点

 

犬の糖尿病は、歩けないほど症状が進行してしまう前に、「早期発見してあげること」が何よりも重要になります。早期発見のためには、糖尿病の初期症状を知っておきましょう。

 

・多飲多尿
血液の中で過剰に糖が増加した場合、オシッコとして出されるため、尿の量が増えます。その時水分も一緒に排出されるため脱水症状にならないよう、大量の水分を補給するようになります。

 

・よく食べるのに痩せてくる
血液中の糖をうまく利用できないため、筋肉や脂肪をエネルギーとして消費してしまいます。※食欲があるため気にしていないと気付きにくく、症状が悪化するまでわからないことがあります。

 

犬の糖尿病は注意していないと非常に分かりにくく、発見が遅れがちになるので、日頃から注意深く観察してあげることが大切です。病気が進行して、深刻な症状や合併症が併発する前に、早期発見を心掛けてあげてください。

 

 

犬の糖尿病の末期症状

 

前述したとおり、犬の糖尿病は早期発見が一番です。しかし、仕事や家事などで忙しい飼主さんは、愛犬の微妙な初期症状に気づかないことも多いようです。そこで、糖尿病が進行した場合の末期症状についてもご紹介していきます。少しでも早く獣医師さんに診てもらい、インスリン投与や食事管理などの治療にかかってあげてください。

 

 

・白内障

糖尿病の犬にとても多いのが、この白内障で、白内障の診察で糖尿病が発見されるケースも少なくありません。

 

 

・糖尿病性ケトアシドーシス

長い間、糖尿病に気づかず、病気が進行すると、血中のケトン体という有害物質が増加し、糖尿病性ケトアシドーシスという合併症を伴います。

 

食欲が低下したり、水を飲まなくなったり、嘔吐や下痢・脱水やフラつきなど、きつい症状が短期間の間に発症します。さらに進むと、腎疾患や心筋梗塞、神経症状や昏睡状態に陥ることもあります。ここまで症状が進むと、治療も困難を極めるようになります。

 

 

愛犬が歩けないほど進んだ糖尿病の治療法

 

歩けない、痙攣や神経症状が強く出る末期的な状態であれば、早急なインスリンの投与が必要で、獣医師によるインスリン注射によって、症状が落ち着くこともあれば、見違えるほど元気になるワンちゃんもいます。

 

奇跡的な回復の可能性があるのが犬の糖尿病で、糖尿病性ケトアシドーシスにまで陥った愛犬が、元気を取り戻す可能性も残っています。もちろん、最悪の事態が起こるケースもありますが、何もしないまま放置するよりも、元気に生きれる可能性はグンと上がるのは理解できると思います。

 

また、症状が落ち着いて来ても、個体に合った量のインスリン投与が必要になるため、入院してワンちゃんの適量をモニタリングを行うことが多いようです。適量が分かってくれば、自宅でのインスリン投与と、食事療法を行うことになります。

 

定期的に検査し、インスリンの適量を見定める必要はありますが、うまくいけば健康的に生活が出来るまで回復させることが出来ますし、メタボや肥満が原因であれば、原因である基礎疾患が良くなれば、かなりの回復を見込むことが出来ます。

 

 

注意しなければならない低血糖

 

糖尿病の犬においては、犬種や体重、病状などにより、治療薬の投与量を変える必要があります。前述したように、個体個体で適切な量を見極める必要があるのです。

 

例えば、少なすぎれば効果がないですし、多すぎれば低血糖になり、震えや発作を伴い、命の危険を伴います。万が一の場合は、すぐに獣医師さんに相談するようにして下さい。

 

 

糖尿病の愛犬への食事療法について

 

自力でご飯が食べられる状態になれば、食事療法が必要不可欠になります。犬の糖尿病は、高脂血・高血糖になりがちで、高血糖・高脂血は様々な合併症を併発させる危険性をはらんでいます。

 

もし、食事を摂れない状態であれば、輸液などを用いた栄養補給が急務ですが、糖尿病の犬は、食事管理次第で健康状態を良好に保つことも可能です。もちろん、避けなければいけない食べ物や、注意すべき食事のポイントはたくさんあります。

 

低カロリー・低脂肪で、血糖値をコントロールしながらも、必要な栄養はしっかりと摂取させなければいけません。犬の糖尿病をケアできる食事管理について、次のページに詳細の解説をしています。

 

食事療法に適しているドッグフードについても、おすすめなものを厳選していますので、是非ご覧になってみて下さい。

 

こちらです⇒ 犬の糖尿病の食事|食いつき抜群の病気管理向けドッグフード


トップへ戻る