糖尿病の愛犬に「おやつ」を与えても良いのか悩んでる飼主さんへ

犬,糖尿病,おやつ,食事,ビスケット

 

糖尿病のうちの子にも、おやつを食べさせてあげたいけど・・・

 

糖尿病でも、与えて良いおやつって無いのかな?」

 

など、愛犬が糖尿病を患っていて、おやつを与えるべきかどうか、お悩みになっている飼い主さんのために、糖尿病を抱えている犬の、「おやつの必要性」について、解説したいと思います。

 

 

そもそも、糖尿病になった犬が「おやつ」を食べても良いのか?

 

おやつとは、そもそも人間が嗜好品として、3食とは別に楽しむものです。

 

野生の犬であれば、「おやつを楽しむ習慣」は無く、生きるために捕食し、生きるために食べるという、自然の摂理だけが存在します。

 

人とともに暮らしているワンちゃんでも、毎日の食事でしっかりと栄養がとれていれば、本来、必要が無いものだと言い切ってしまってもいいでしょう。

 

しかし、市販のおやつは、カロリーも多く、特に糖尿病を抱えているワンちゃんには良くありません。

 

一方で、ご褒美という意味合いで「おやつ」を用いることもあり、飼主さんと愛犬のコミニュケーションや、しつけの際に必要なアイテムという側面もあります。

 

でも、糖尿病のワンちゃんは、血糖値が上がるような食事はNGで、毎日の食事管理が必要な状態のため、毎日の決められたフード以外の「おやつ」は避けるほうが無難に決まっています。

 

ヘルシーなフルーツとかであれば大丈夫なのでは?

 

そう考えてしまう方もいるかもしれませんが、フルーツには糖分が多く含まれるため、糖尿病のワンちゃんには与えるべきではありません。

 

人間に飼われているワンちゃんは、自分で食事を用意できるわけではありませんので、食事管理は飼主さんに全ての責任があります。

 

糖尿病での食事管理や、食事療法も、全て飼主さん次第なわけで、「おやつ」に慣れた愛犬が可哀そうだと思ってしまうかもしれませんが、愛犬のためを思えば、きっぱり止めてあげるほうがワンちゃんの為になります。

 

 

糖尿病の愛犬にも与えられる「おやつ」?

 

 

おやつはダメ! 

 

そう言ってしまうのは簡単ですが、闘病中のワンちゃんに、工夫して「おやつ」を与えている飼い主さんもいるようです。

 

糖質があまり含まれない野菜、ブロッコリーやキュウリなどを選び、ごく少量ですが、「おやつ」として与えているとのことです。

 

他には、一回の食事の量を減らし、食事の回数を増やすことで、血糖値の上昇を抑え、「おやつ」の代わりとする方法もあります。

 

また、一回の食事から少しずつ取り分けておき、その分を「おやつ」代わりに与えるというやり方もあります。

 

ひとつ、注意しておきたいのは、インスリン薬との兼ね合いがあるので、掛かりつけの獣医さんと、ちゃんと相談してから行うようにしてください。

 

 

犬の糖尿病用のおやつも存在します

 

 

犬の糖尿病用の療法食ドッグフード」を使う方も多いと思いますが、それと同ラインで販売されている、「糖尿病にも配慮したおやつ」が存在します。

 

「体重減量と体脂肪管理の食事療法のため成分を調整した特別療法食おやつ」と記載がある、「ビスケットタイプの特別療法食おやつ」です。

 

⇒ ヒルズ犬用【メタボリックス】ビスケット

 

ヒルズ犬用【メタボリックス】ビスケット 80g 【あす楽_土曜日営業】

価格:464円

(2018/4/6 13:07時点)
感想(2件)

 

【原材料 ビスケット】
小麦、大豆蛋白、トマト、全卵、米、オート麦ファイバー、糖蜜、亜麻仁、ココナッツ油、植物性油脂、酵母、無脂肪乳、ニンジン、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、クロライド、ヨウ素)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリー抽出物)

 

【代謝エネルギー ビスケット】
343kcal/100g  〈犬用〉メタボリックスビスケット1個はおよそ6.9kcalです。

 

ただ、このように配慮された「おやつ」であっても、与える場合は必ず獣医師さんとしっかり相談してからにしないといけません。

 

犬の糖尿病用ドッグフード」のページにも書きましたが、犬の糖尿病は、食事療法が非常に大事で、一歩間違うと、膵炎や甲状腺機能低下症や脂質代謝異常症など、他の病気の併発リスクが高い病気でもあります。

 

また、悪化すると命の危険を伴う怖い病気だという事も絶対に忘れてはいけません。

 

基本的に「おやつ」は与えず、与える場合も上記に書いたような事に注意しながら、必ず獣医師さんと相談のうえ、愛犬の体調にしっかり配慮してあげてください。

 

 

最後に

 

糖尿病になった愛犬は、治療によって完治するのは難しく、生涯にわたって血糖値のコントロールを必要とする疾患です。

 

複数の合併症のリスクも高く、クッシング症候群・膵炎・脂質代謝異常症・甲状腺機能低下症・肥満など、併発する恐れがお互いに高い病気の一つでもあります。

 

既に合併症を持っているワンちゃんも多くいます。

 

上記に挙げた病気に共通するのは、「高血糖・高脂血」が大敵で、血糖値のコントロールが肝になるという点です。

 

逆に、犬の糖尿病は、「高血糖・高脂血」に配慮し、血糖値をうまくコントロール出来れば、元気で長生きすることも十分に可能な病気という事も出来るのです。

 

犬の糖尿病はインスリンや食事療法が不可欠な疾患で、食事の管理も大変ですが、ワンちゃんは自分で、食事管理や治療を行う事ができるわけではありません。

 

おやつ」に対する向き合い方も、最後は飼主さんに委ねられているので、「おやつ」をあげないのが可哀そう、という一時的な感情ではなく、愛犬の健康状態を維持するために、適切な食事管理をしてあげてくださいね。

 

犬の糖尿病の食事についての詳細はこちらに書きましたのであわせてご覧になってみてください。

 

 【犬の糖尿病用ドッグフード】※長生きさせる為の食事療法やレシピ


トップへ戻る